あげまん さげまん その違いは一体何かを考え検証する。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あげまんは聞き上手。


(c) .foto project


あげまんの人の特徴は〝聞き上手であること〟ではないでしょうか?



これは経験論からですが、さげまん女性は自分の世界しか見えていなくて、自分の話ばかりしたがるように思うのです。



これがまだ楽しい話なら良いと思うのですが、愚痴とかばかりだと、聞いている方も疲れるし、わざわざ会いたいと思わなくなるように思うのです。



これは男性、女性問わないと思うのですが、こういう相手といても、時間も無駄であるし、運気も下がるような気がします。



これとは逆に、スマイルが多くて、聞き上手な人は会っていても楽しいし、気分が良くなりますよね。大切ではないでしょうか?
スポンサーサイト
あげまん女性はお金の使い方が気持ち良い。


(c) .foto project



私の知っている あげまん女性達は 皆、お金の使い方が豪快です。



人に豪快にご馳走したり、豪快にプレゼントをしたりとか、結構気持ちよく使うように思います。あげまんの方々は、気持ちよくお金を手放すことで、気持ちよくお金が流れ込んで来るように思います。



その逆に、さげまん女性達は皆、ケチ臭い使い方をしたり、人に奢ってもらう事を期待するようなオーラを醸し出しているように感じます。そういう人達は、10年単位で観ているとあまり、裕福にはなっていません。



私は、割り勘というのが好きではないので、どちらかというとご馳走する方が好きなのですが、あげまん女性に時々奢られると2倍、3倍奢りたくなるような気分にさせられます。非常に気分が良くなるのです。
福島弓子さんは あげまん だ。

日本 アメリカ どちらの野球界でも実績を残しているイチロー選手の奥様は非常に あげまん ではないでしょうか?

イチロー選手の実績を考えると、これは間違いなく あげまん であると言えると思うのですが、私が一番すごいと思ったのは、以前注目されていた試合前に食べるとされていたカレー作りについてです。

同じ具材を使い、同じ手順で毎日福島さんがカレーを作るというのです。これは並大抵の根性では私は出来ないように思います。

現在は、週刊誌に寄ると、アメリカでビジネスを展開させていて、これが成功しているのだそうです。究極のあげまんではないでしょうか?
長野 翼アナはあげまん だ。

最近一番強く印象に残っている あげまん 芸能人は長野 翼アナです。

ご主人である内川聖一氏の成績を観れば解るでしょう。

セリーグで首位打者となり、昨年はパリーグ移籍初年度でこれまた首位打者となり、日本一までとったのですから本人の努力と実力もさることながら、何かしらの運を持っているとしか考えられません。

そう考えると奥様である長野翼アナの力ということになるでしょう。

才色兼備ながら、性格もさわやかそうで、まさに あげまん なのではないかと思います。
あげまん女性は小細工をしない。


(c) .foto project



私の知っている〝あげまん〟女性達は皆、小細工をしないように思います。



所謂〝さげまん〟の人達というのは皆、仕事から私生活に関してまでセコイ発想が多いのですね。そして、そのセコサが自分の幸運の持ち点を少しずつ下げているように思うのです。



例えば、何らかの仕事を頼んでも何らかの理由をつけて断ったり、損得が絡む時だけは一生懸命働くとか、酷いのになると、正社員の職に付けないから、付けるように資格取得学習を職場でする・・・というのも目撃しました。彼女達は〝自分はパートで正社員ではないから一生懸命働かないで適当に仕事をやって適当に時間が来たら帰る〟というオーラを発していて、仕事を頼みにくいのです。そして彼女達に共通していのは、付き合う男が駄目男ばかりとか、旦那が失業してしまう・・・とか男が偶然なのか必然なのか不幸になるのです・・・。



こんな〝さげまん〟の方々ガッカリしている時に笑顔で〝はい〟と答え、テキパキ仕事をしてくれる女性がいると仕事も頼み易くてついつい頼んでしまうのですね。〝さげまん〟女性と同じ給与しか貰っていなくても数倍の仕事をしてくれるので、私の職場の男性陣は皆、申し訳なく思って〝誕生日らしいから何か良いものをプレゼントしよう〟とか〝どこか高級なレストランに連れて行きましょう〟という事になったりします。彼女よく高級な店に連れて行かれるな・・・



昨年目撃した凄かった例は、とある〝あげまん〟女性が一昨年、残念ながらバツイチになってしまったのですが、うちの上司の目に留まり「良い組み合わせを見つけた」と、同じ社内でバツイチだったイケメンの後輩を紹介され気が付けば昨年結婚していました。その後輩結構良いところのお坊ちゃんなんです。そして嬉しいのはどちらも非常に表情が良くなっていったところです。



上司に「よくあの組み合わせ考えつきましたね?」と言うと「いや~〇〇さんは、よく働いてくれるし、性格も良い娘だから純粋に幸せになって欲しくて・・・」との答え。日頃の行動が上司の目に留まったんですね。



あげまん は行動科学だなと痛感させられました。
あげまん女性は褒め方が絶妙だ。

(c) .foto project

職場の男性陣の中で〝我が支店NO.1あげまん女性〟と呼ばれる女性は、私や上司が仕事でミスをしたり、何かを忘れた時に、癒しの言葉をかけてくれるんです。

この間も後輩が用事を忘れていたら〝〇〇さん美人の彼女の事ばかり考えていたら駄目ですよ。〟とか笑いながら言っているんですよね。後輩はミスをしたのに、それを指摘されずに自分の彼女を褒められて偉く上機嫌でした。

登場するだけで数々の不幸が起こる恐怖の〝さげまん〟

最近聞いた、さげまん の話は実に怖いものでした。

ある女性が来ると必ず不幸が起こるというのです。それも同じような不幸が繰り返されるというのです。

・ドライブに出かけた時にその女性がいた時に自動車事故が3回起きた・・・。

・飲食店にその女性が現れると、お店スタッフが食べ物を落としたり、飲み物を落としたりという事件が頻発する・・・。

・転職して直ぐにその女性に会った男の会社は尽く倒産してしまう・・・。

ここまで来ると科学とか理屈を超えた世界ではないでしょうか? 皆彼女を怖がり今や会いたがる人がいないのだとか・・・。
あげまん女性は愚痴らない。

先日ワイン バーに出掛けて考え事をしていると、綺麗な女性が二人やってきました。

席について、オーダーを終了するや否や過去から現在まで男関係に関して愚痴り始めたのです。

以下のような話でした・・・。

・出会う男達が皆、甲斐性がない。

・甲斐性があってもキモメンである。

・なかなか忙しくて合う時間がない。

・浮気されることが多い。

・自分達は恋愛運がない・・・

〝壮絶な人生を歩んでいるんだ〟と思いながら聞いていたのですが、私の人生の中で出会った〝あげまん〟女性の事を考えてみると、あげまん女性は愚痴らない という事が分かりました。

男女問わず愚痴ると運は逃げてしまうのではないでしょうか?
笑顔がステキな人は〝あげまん〟だ。


(c) .foto project





昔は、美人女性やカワイイ女性が〝あげまん〟になると思っていたのですが、色々と観ているうちにそうではないという事が解かってきました。



容姿はごくごく普通でも、あげまん になる人が結構いて、共通点を考えてみると、まず笑顔でいる時間が長いのではないか?と思うようになりました。



職場が暇な事も多くて(こんなご時勢にこんな事で良いのでしょうか?)職場の女性の方々(若い方から引退間近の方まで)観察したのですが、同じくらいの美人度(これは私の独断だが)でも幸せな人と不幸そうな人に大きな差があるような気がして、違いを考えてみたのですが、その差は笑顔の時間と関連しているように思うようになりました。



笑顔の時間が長い女性程、うちの職場では男女問わず好かれ幸せそうで、その人が関連する仕事は殆どがうまく進み、うまく行かない場合でも大きなミスは起こらないのは不思議なところです。
間違えて解釈していた あげまん の意味。

あげまん の意味を私は完全に誤解していました。

wikipedia に寄ると以下のように書かれています。

あげまん、さげまんとは、芸人などの隠語で、運気が上向くこと(「あげまん」)、または下降すること(「さげまん」)を指す。「まん」は「間」が転化したもので、運気・潮目・出会い・巡り合わせの意味(関西方言では「まん(間)がよい/わるい」という使い方もある)。

後に、「まん」を女性器の俗称「ま●こ」を略したものと誤解され、肉体関係を持った男性の運気を上げ、より良い巡り合わせにする女性を「あげまん」、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」と称するようになった。ここからさらに意味の幅がひろがり、肉体関係になくても関わりあう人の運気を左右する女性について用いたり、さげちん、あげちん(「ちん」は男性器の俗称による)という言葉が生まれたりした。

私は下の方で解釈していました。(笑)
あげまん女性は僻まない。
(c) .foto project


会社にいる所謂さげまん女性の共通点を考えてみると、僻みっぽいんですね。

・容姿がよい同僚に僻みをもって攻撃する・・・。

・お金持ちと結婚をしても、主婦にならずに働いている女性に問題がないのに文句を付けたがる・・・。

・学歴の高い女性と言うだけで噛みつき始める・・・。

観ていて歯がゆくなります・・・。男である私から観ていると、無い物ねだりをした結果がこれであり、そんな事をしていて、人生楽しいのであろうか?と思います。

ああいった光景を観ているだけで、周りの男は気分が悪くなり仕事の能率が下がるように思うのです。ちなみにこのさげまん女性陣職場では男性陣に一切飲みに誘われることはありません。誘われないとまた文句が出るから手に負えないのです。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。